ゲームプログラマーになり切る授業

桜英数個別塾では

毎週土曜日15時半から

プログラミングの授業を実施しています。

対象年齢は小学2年生以上です。





プログラミング、今注目されていますよね。

本当は今年度から、

小学校の授業でも本格的に取り入れられるはずだったのですが、

コロナの影響であまり多く話題になることはありませんでした。




しかしなら、

2024年度の大学入試からは、

正式に受験科目に加わることになっているので、

今後力をいれなければならないことは、間違いないです。




一般的にプログラミングの第1目的は、

「論理的思考能力を身につける」ことと言われています。

パソコン上で1つのプログラムを完成させる過程で

その筋道をしっかりとたどることができます。

「ゲームをつくる」という楽しい行動をすることで、

自然と思考の筋道をたてられる力が身につくわけです。




さて、




桜英数個別塾では、

この「論理的思考能力を身につける」ことと、

もう1つ大切なことを指導しています。




指導といいますか・・・、

生徒に科していることがあるのです。




それは、

「説明をすること」




プログラミングの授業では、

あるプログラムを説明書に沿って作る作業をします。

そのプログラムが完成したら、

「先生できました。」と生徒は確認をとるわけですが、

その際、先生は必ずこう聞きます。




「そのゲーム、どんなケーム?」

「なんでこのキャラクターはこんな動きをするの?」





思ったことを相手に伝える。




これ、やってみるとなかなか難しんですよ。

桜英数個別塾では、

毎週子供たちにこの説明をさせています。




この訓練を繰り返すと、

自分の意見を筋道立てて

はっきりと言える子なると、

じゅくちょーは確信しています。




桜英数個別塾では、

自分の言葉で、自分のやりたいことを

「楽しく」伝える人を育てたいと思っています。




遊びに来ませんか^^?

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示