今を読み解く


適性検査(国立・私立中学入試)対策の授業より。


日本橋の首都高の地下移設についての文章を

一緒に読み解いていきました。


【参考記事はこちら】


日本橋が国道1号や国道4号の起点になっていたり、

江戸時代は街道の起点になっていたんだよという話をしたり、

その街道を、弥次さんと喜多さんという2人が旅する

「東海道中膝栗毛」という滑稽本があって、

道中の飯屋で喜多さんが鯉の滝登りの掛け軸を見て

「ちょっとあれ見ろ弥次さん、鯉がソーメン食ってらぁ!」

って話したことなどを話したり・・・・、


なかなか本題にいきません(笑)。


日本橋の景観を損ねていたり、

高架の老朽化が進んでいたりすることから、

首都高を地下に移設しようと考えているけれども、

現状として地下鉄はたくさん走っているし、

水道・電力・ガスなどのインフラ施設が網の目のように

張り巡らされていることから、

なかなか大変な問題だということを一緒に考える授業でした。






桜英数個別塾の受験対策国語では

身近にある問題、今社会で何が起こっているのかなどを

一緒に考えていく授業をしています。

ご興味のある方は無料体験授業をご案内しますので、

お気軽にお問い合わせください。


【無料体験授業の申し込みはこちら】


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先に書いておきます。 残念ながら、桜英数個別塾に通う生徒たちが みんな満足のいく成績をとっているわけではありません。 言い訳をしますが、 なんというか、 みんな志が高いです。 例えば、塾に入る前、定期テストの成績が 50点台だった生徒が、 今回のテストで87点をとってきました。 でも、「90点を取れなかった。」と 塾の授業中に泣いたりします。 大変よろしいことです。 次に90点を取れるようにしっか