作戦勝ち!

10月の北辰テストが帰ってきました。

この生徒の伸びを見てください。


6月の北辰テストでは、第1志望のランクは”D”。つまり「要検討(別の高校を考えた方がいいよ)」でした。





しかしながら、今回の北辰テストではなんとA3。つまり「合格率90%なので、もっと上の高校を検討してもいいよ。」となりました!






なぜ、この様なことが起こったのでしょう。





故・野村克也監督に言わせれば、

「勝ちに不思議の勝ちあり」なわけですので、

必ずしもこれが全部というわけではないのですが、

この生徒とは夏休み以降に1つ学習計画において作戦を立てました。




それは・・・、




「ただひたすら理科をやる。」です。




え?そんな簡単なこと?と思うかもしれません。




この生徒の普段の学習の傾向として、

「理科は真っ先にテスト前にワークを終わらせる。」というのが見受けられました。

理科の学習は苦にならないんですねー。




そしてこの生徒が志望している学校は

「理数の傾斜配点がある」という学校です。




「じゃあ、好きな理科を存分に勉強しよう。

理科は誰にも負けるな!勉強の量も・質も誰にも負けるな!

偏差値70取ろう!」

とこの生徒には話していました。




この生徒の9月10月の勉強は、

公立高校の過去問をかたっぱしから解くというものです。

もうすでに全範囲の理科を学習し終えているので、

あとはひたすら演習をするだけなのです。




そうしたら・・・・、

取りました!偏差値71!




そうすると、

おのずと3教科、5教科の偏差値も上がるのです。




モチベーションが上がる勉強をして、

成績も上がる。

もう、最高ですね!



勝って兜の緒を締めよ。

11月も偏差値70取れる様にがんばろう!



143回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

英語で成績を上げるには。(前編)

先に書いておきます。 残念ながら、桜英数個別塾に通う生徒たちが みんな満足のいく成績をとっているわけではありません。 言い訳をしますが、 なんというか、 みんな志が高いです。 例えば、塾に入る前、定期テストの成績が 50点台だった生徒が、 今回のテストで87点をとってきました。 でも、「90点を取れなかった。」と 塾の授業中に泣いたりします。 大変よろしいことです。 次に90点を取れるようにしっか