top of page

商店街の看板


今日はは商店街の話などを少々。


桜英数個別塾は

角栄商店街のなかにある個別指導塾です。


商店街。

最近、「商店街でお買い物する」って言わなくなりましたね。

大型スーパーがたくさんできたことや、

パソコンやスマートフォンによる通信販売といった

便利なお買い物の手段が発達してきたためです。


でもですね、

商店街でお買い物することの良さって、あるんですよ?


なんと言っても「お店の人と楽しく話せる。」

これが一番じゃないでしょうか。

お店の人と仲良くなれば、いっぱいおまけもしてもらえます。

私は向かいの八百屋さんでよく漬物を買いますが、

いつもおまけでバナナがついてきます。

ジュースを買えばかっぱえびせんがついてくるし、

お寿司を食べればマグロの手巻き寿司がついてきます。

ああ、なんて幸せなことでしょう。


私は塾講師ですが、

こんな商店街がずっと残ったらいいなと思っていて、

「そのために何かできないかな?」と考えた活動をしています。

街(商店街)と町(自治会・地位住民)を結びつける

「街町のこえプロジェクト」という活動です。





前置きが長くなりましたが、

12月8日(土)、その活動の一環として取り組んでいた、

「角栄商店街の看板」が完成しました!



 これは、桜英数個別塾にも多く通ってくれている霞ヶ関東中の、美術部のみなさんが描いてくれたものです。商店街のお店1つ1つのイメージを描いてくれました。


 そして地元の若駒太鼓のみなさんが、看板のお披露目に花を添えてくれました。


さて、うちの塾はというと・・・、




桜・・・・だと思われます(笑)


 桜英数個別塾としては、 これからも地域のみなさんに喜んでもらえるような活動を 商店街の一員として続けていけたらなと思います。



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先に書いておきます。 残念ながら、桜英数個別塾に通う生徒たちが みんな満足のいく成績をとっているわけではありません。 言い訳をしますが、 なんというか、 みんな志が高いです。 例えば、塾に入る前、定期テストの成績が 50点台だった生徒が、 今回のテストで87点をとってきました。 でも、「90点を取れなかった。」と 塾の授業中に泣いたりします。 大変よろしいことです。 次に90点を取れるようにしっか

bottom of page